KaorixWines.com

ブラインド・テイスティング #ロワール

ロワールにはたくさんの個性的なブドウ品種があり白の代表的なものはミュスカデ、シュナン・ブラン、ソーヴィニヨン・ブラン。赤はカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョンそしてピノ・ノワールで、其々の地区により変わります。特に、シュナン・ブランは辛口から甘口まで、また醸造方法により色々なスタイルに変わるのが面白い品種と言えますね。辛口であっても、凝縮して干しぶどう化したブドウや貴腐化したブドウを一部に使用したりしています(勿論造り手によりますが)。この手のタイプのワインはコクが有り複雑。

ブラインド・テイスティングでシュナン・ブランと見分ける一つのポイントが高い酸味とボディですが、この高い酸味は 時にワインの中の糖度がかぶさり分かりづらくことがあるので、要注意ですね。ソーヴィニヨン・ブランも同様に高い酸味がありますが、青草のような香りと軽めのボディという違いがあります。通常ロワールワインで生牡蠣にはミュスカデを合わせるのですが、辛口シュナン・ブランもとても良い相性でしたね。

Picnic on Forbes
38 Forbes Street, Kennedy Town,
Western District,
Hong Kong
2855-0810