KaorixWines.com

カルフォルニアのシャルドネとアルゼンチンのマルベック

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

simi

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

clos_de_los_siete

[/wc_column][/wc_row]

人生初めてブラジルを始めとする南米料理、シュラスコを頂きました。シュラスコは鉄串に牛肉、豚肉など肉の塊を刺して、粗塩を振って炭火で焼くお料理です。さしずめ南米風バーベキュー。肉の種類は牛肉に始まり、ラムチョップや鶏肉の手羽先、チョリソー、海老などの海鮮ものもあります。ブラジル料理のレストランだったので、ワインは新世界のワインを合わせました。

Simi Chardonnay Sonoma County, California, USA 2013 と
Clos de los Siete Lujan de Cuyo, Menoza, Argentina 2012

先ずSimi。創業者はトスカーナ出身のイタリア系移民一世のジュゼッペ・シミとピエトロ・シミの兄弟で、1876年からソノマ北部ヒールズバーグで始まったカリフォルニアの歴史あるワイナリーの1つです。拡大し始めたシミですが、ジュゼッペとピエトロの突然の死(スペインかぜ)により、1904年にジュゼッペの娘(当時18歳)がワイナリーを引き継いだものの、禁酒法により大打撃を受けます。彼女は突然の禁酒法廃止に備えて、ブドウ畑を売り貯蔵庫に蓄えられているワインを維持する決断をしますが、それが後に功を成します。先見の明が有ると言うのか、運がいいというのか、両方なのか分かりませんが、それでシミを一気に盛り返し大きくしました。中々の人物です。

1970年に彼女は引退と同時にアレクサンダー・ヴァレーのブドウ栽培家ラッセル・グリーンにシミワイナリーを売ります。4年後にアレクサンダー・ヴァレーの産地呼称でワインを売り出し、1989年にロシアン・リヴァー・ヴァレーにブドウ畑を購入し現在はゼルマ・ロングがCEOとして指揮を取っています。

今回飲んだ物は、ソノマカウンティーのシャルドネ。シミの中でもカジュアルなもの。カリフォルニアのシャルドネの特徴としては、シミだけでなく小樽を利用しての熟成が特徴で、物によっては樽の香りがあまりに強すぎてワインがついてきていない物も少なからずあります。Over maskingなんて言われたりしていますね。 このような樽香が強すぎるものは、最初の1杯目は美味しく頂けますが、2杯目を飲むのに疲れます。

このシミのワインはパイナップルのような南国フルーツや桃やアプリコットなどの核果類にスパイス、トースト、バターっぽい香りが重なり、酸味、甘味、アルコールもどれかが突出したものはなく、バランスの良い疲れないものでした。お料理はサラダ類、鶏肉豚肉のシュラスコ、あとグリルしたパイナップルと良い組み合わせ。スモークした赤身の肉もこのようなワインとなら実は合います。エントリー・レベル(一番価格帯の安いライン)ですが質がとても良い。

赤は「7人のぶどう畑」の意味を持つクロ・デ・ロス・シエテ。ミッシェル・ロランが中心となり、その他ボルドーの醸造家6名と計7名でそれぞれが約120~130haの畑をアルゼンチンに所有し、共同出資した4つの醸造所から造られたワインをブレンドしたもの。みんなで良いワインを造りましょうと言った構想で、1998年に立ち上げて最初のヴィンテージが2002年という新しいワイナリー。

マルベックはアルゼンチンの主要黒ブドウ品種ですが、元々はフランス南西部の土着品種でもありボルドーやカオールで古くから栽培されて言います。近年ボルドーではその生産量は下がっていますが、補助的なブレンドの役割を担っています。アルゼンチンにおいてはマルベックを主要として、カルベネ・ソーヴィニヨンなどを補助的に加える、最初にマルベック有りきの姿勢を取っています。

マルベック57%、メルロー18%、カベルネ・ソーヴィニヨン14%、シラー9%、プティ・ヴェルド2%で造られており、マルベック主体であるものの、約半分ほどが多品種です。シラーが入っていなければ、それこそボルドーと同じ品種ですが、混醸する品種に対しての許容範囲が広いのは新世界ワインならでは。ワインの色は濃いルビー色で、マルベック主体でもそこまで比率が高くないので黒みが少なかったです。ブルーベリーやプラム、木苺から始まり、ナツメグのような甘いスパイスの香り、チョコレートやバニラの香りがほのかに出ていました。フルボディでしっかり熟したブドウを使っているせいか、アルコールの高さを感じますが、ワインの骨格もしっかりあり、やわらかいタンニンとバランスが良く撮れていましたね。しなやかさのある芳醇なワインでした。

ミッシェル・ローランのコンサルタントが入ったワイナリーのものは若くても美味しく飲めるスタイルに仕上がっているように思います。この赤ワインと共にブルーに近いサーロンやラムチョップ、チョリソーを山ほど堪能したのは言うまでもありません。ちょっと体重心配。もう遅いか。

BRAZA
3/F, Grand Progress Building,
15-16 Lan Kwai Fong, Central
Hong Kong
2890-9368